子どもから大人まで使用されているバルトレックス

バルトレックスはヘルペスに対して高い効果を発揮し、子供から大人まで様々な年齢の方に使用されています。ヘルペスは再発することが多い病気ですので、バルトレックスを使って確実に治療を行ないましょう。

バルトレックスは性行為でうつるヘルペスに効果的

バルトレックスが効果があるのはヘルペスウイルスに対してです。
ウイルスというのは細菌とは全く異なり、最近は自己増殖をしますがウイルスの場合は自己増殖はせずに細胞内に侵入する事で増殖します。
ヘルペスウイルスに感染すると皮膚や粘膜に水ぶくれを作り、性器ヘルペスに感染している人と性行為を行う事によって感染する性器ヘルペスの他に、口唇ヘルペスや帯状疱疹、水痘などの病気はヘルペスウイルスに感染する事によって発症します。
性器ヘルペスに一度感染すると完治する事は現在では出来ず、ウイルスは健康な時には神経に潜り込んでしまい、体の抵抗力が落ちた時に活発に活動して再び発症するようになります。
バルトレックスを服用する事によってウイルスを退治するのではなく、複製して増殖するのを阻害する作用があります。
そのために、もしも症状が現れた場合は早目に服用する事が大切です。
バルトレックスの主成分はパラシクロビル塩酸塩であり、これを体内に投与するとアシクロビルに変換されます。
変換されたアシクロビルがウイルスの増殖を妨げるのに役立ちます。
副作用については比較的少ない方でありますが、場合によっては吐き気や眩暈、頭痛などが現れる事があります。
また、滅多に現れる事はないですが重い副作用についても報告されており、急性腎不全やアナフィラキシーショックなどの症状がある場合もありますので、服用する事によって何か異常が感じられた場合は直ちに医師に相談をするようにした方が良いです。
バルトレックスは併用する事によって副作用が起きやすくなる薬もありますので、他の薬も服用していてバルトレックスを服用する場合には組み合わせが問題が無いかどうかも注意が必要です。