子どもから大人まで使用されているバルトレックス

バルトレックスはヘルペスに対して高い効果を発揮し、子供から大人まで様々な年齢の方に使用されています。ヘルペスは再発することが多い病気ですので、バルトレックスを使って確実に治療を行ないましょう。

バルトレックスを安価で購入するには

バルトレックスは薬価の高い薬であるために、使用を続けているかなり家計への負担となりますので、出来るだけ安価に購入したいという人もいます。
通常はバルトレックスは処方せん薬であるために病院で医師に診察してもらった上で処方して貰う必要があり、市販されてはいないので安く手に入れる事は難しいです。
しかし、個人輸入を利用して海外から輸入するという手段で、バルトレックスだけでは無くてそのジェネリック医薬品を購入する事も出来、通常よりも安価に入手する事が出来ます。
ジェネリック医薬品というのは主成分は先発薬と同じでありながら、既に効果が分かっている成分を用いるので開発費を抑えられるので安く手に入れられるのが特徴となっています。
日本では処方箋が無ければ手に入れられないのに個人輸入をする事が出来るのかという不安がある人もいますが、法で制限されていて一度に輸入する事が出来る量などは決められていますが、その制限の範囲内であれば海外の医薬品を輸入するのは問題は無いです。
輸入に関わる手続きについてもネット通販では個人輸入代行業者が運営しているサイトがあり、そこから購入すれば一般的な日本の通販サイトと同じように手軽に購入する事が可能となっています。
個人輸入での入手は安価に入手する事が出来るだけでは無く、病院へ行く手間が掛からないといったメリットもあるのですが、その一方で偽物を販売する業者の存在が問題となっています。
そのために個人輸入代行業者を介してバルトレックスやそのジェネリック医薬品を購入する場合には、その代行業者が十分に信頼できるかどうかを判断する事も大切となります。
偽物を服用する事で思わぬ事態になる可能性がある事も注意が必要です。

バルトレックスは早めに服用するべき

単純疱疹などのヘルペスウイルスが原因で発症する病気を治療するのに有効なのがバルトレックスですが、どうして早めに服用した方が良いのかというと、バルトレックスは増殖してしまったウイルスを死滅させているわけでは無くて増殖するのを妨げる働きがあるからです。
バルトレックスの主成分はパラシクロビルであり、このパラシクロビルは体内で吸収されるとアシクロビルに変換されます。
そしてアシクロビルがヘルペスウイルスの増殖に関係する酵素であるDNAポリメラーゼの働きを阻害する事でウイルスの増殖を抑えるのです。
つまり、ヘルペスウイルスが関連した病気が発症した場合に薬を服用するのが遅れて時間が経ってしまう程、ウイルスはどんどん増殖して症状が悪化していき、遅れて服用したのではすでに増殖がピークを迎えてしまってバルトレックスを服用してウイルスの増殖を阻害しても意味が無いという訳です。
バルトレックスを購入するには処方せん薬であるために通常は病院へ行って医師の処方が必要でありますので、病院で処方して貰うのが遅れてしまうとそれだけ症状が進行してしまいます。
症状が現れてからすぐに薬を服用するために、予め手元に置いておきたいという人もいて、再発予防のためだと健康保険が使えずに高額になる場合もあるので安く購入する事が出来る個人輸入に頼る人もいます。
個人輸入での薬の購入は、他人に譲渡したり販売する事なく自分自身が使う分には法律でも認められています。
輸入に伴う手続きについても個人輸入代行業者を介して注文する事で、一般的な通販と同じように購入する事が出来ます。
ただ、薬の服用の独断は危険であるという事や個人輸入によるトラブルが多発している事を考えると、出来る限りは病院で処方して貰うようにするのが安心です。

バルトレックスの副作用とは

薬に含まれている塩酸バラシクロビルという成分の作用によってヘルペスウイルスの増殖を抑える事で単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、小児水ぼうそうといった症状の悪化を防ぐ抗ウイルス薬であるバルトレックス。
このバルトレックスは比較的副作用が少ない薬として認識されており、この薬の成分や同類薬であるアシクロビルに対して過敏症と診断された方の利用は禁じられている物の安全な薬として有名な薬となっています。
この主な副作用ですが、単純疱疹の患者の場合は頭痛や眠気、肝機能値の上昇。
帯状疱疹の患者の方の場合は肝機能値や尿素窒素値の上昇や腰痛、クレアチニン値の上昇を始めとする腎障害。
性器ヘルペスの患者の方の場合は頭痛や吐き気、腹痛、下痢といった症状。
水ぼうそうの患者の方の場合は肝機能値の上昇や便秘気味になるといったように治療する病気によって発症する症状が変わっていきます。
しかし上述した軽度の副作用以外にもバルトレックスによって極稀に重大・重篤な副作用が出たという事が報告されています。
その例を挙げていくと、体のだるさやむくみ、血尿や尿の濁りといった症状が発生する急性腎不全。
蕁麻疹や顔の腫れ、息苦しさ等を発症するアナフィラキシー様症状。
口内炎や皮下出血、歯肉出血等といった血液成分の異常。
唇や口内の爛れ、水ぶくれ、発疹等を発症する皮膚粘膜眼症候群。
上腹部から背中に掛けての強い痛みや嘔吐症状を引き起こす膵炎等々といった物となっており、また過剰に摂取すると意識障害や精神変調を引き起こす事になってしまいます。
このような事から腎機能が低下している高齢者の方や腎障害を持っている方、胎児に悪影響を及ぼす可能性のある妊婦や妊娠している可能性のある方、幼児といった方達は担当医との相談の下でバルトレックスの利用を検討していく事になっています。

■バルトレックスを正しく飲んでしっかりヘルペスを退治!
バルトレックスの飲み方
■直接塗り込むクリーム状の商品もあり!
ベセルナクリーム